美容 美白

紫外線のメリットとデメリットを知っておきましょう

投稿日:

紫外線はとにかく防止

しなければならないという

考え方が一般的になって

いますが、紫外線には全く

メリットはないのでしょうか。

 

紫外線は、ある程度であれば

人間の体に必要なものを

生成する要因になります。

 

紫外線のメリットとは

紫外線には殺菌作用があり、

天気の良い日に布団を天日に

さらすことが推奨されるのは

そのためです。

 

晴れた日は布団を干して

よく紫外線にさらすことで

殺菌効果を得ることができて、

気持ちよく眠ることができます。

 

紫外線をずっと照射されて

いると、肌の乾燥や火傷状態の

原因になりかねませんが、

紫外線をすっかり遮ってしまう

のもよくありません。

 

日差しを浴びて活動をすることで、

免疫抵抗力が高まったり、

血流がよくなったり、

新陳代謝が増えたりします。

 

体内時計を正常化する働きもあり、

睡眠、食欲、脳内物質の分泌を

促すなどの好影響もあります。

 

身体によい影響を与える面も

ありますので、紫外線は一から

十まで体によくないと断定する

わけにもいきません。

 

紫外線は人間の体には欠かせない

ビタミンDの生成に深く関わって

いることが分かっています。

 

体内に効率的にカルシウムを

取り入れ、骨の材料を確保

するには、ビタミンDも

必要な成分なのです。

 

紫外線は少量なら体にいい

不用意に紫外線を皮膚に

受けると、肌トラブルなどの

原因になりますが、

こだわりすぎない程度に

しましょう。

 

皮膚を紫外線から守るためには、

少量の紫外線なら体にいいと

いうことも理解して

おきましょう。

 

紫外線を防止するための対策が必要な理由

紫外線にはメリットがある

とはいえ、やはり

デメリットによる対策も

しなければなりません。

 

なので、

紫外線のちょっとした

知識を身に着けることも

必要になります。

 

紫外線量が多い季節とは?

例えば、

1年のうちで紫外線への

防止対策が必要なのは、

いつ頃か知っていますか?

 

特に紫外線の対策が必要なのは、

5月から9月くらいと一般的に

言われていますが、

紫外線量は4月からすでに

増え始めています。

ちょっとでも紫外線を

浴びると肌の調子が悪くなる

人もいますので、

程度に合わせた対応が必要です。

 

紫外線から皮膚を守る際には、

紫外線の影響を受けた皮膚が

どういった反応を示すのかを

よく認識しておきたいものです。

 

日焼けは肌によくないのか?

近年では、

紫外線による皮膚の日焼けは、

肌にとってよくないものである

という価値観が広がっています。

 

しかし、日焼けそのものは、

体内に過剰に紫外線が入って

来ないようにするための、

体の防御反応によるものなので、

決して悪いことではありません。

 

世間で紫外線防止が声高に

言われているのは、

紫外線が日焼け以外にも

体にいろいろな影響を

及ぼすからです。

 

日焼け以外の紫外線がもたらす影響とは

知られているところでは、

皮膚がんの発症率をあげる

ということがあげられます。

 

少しくらいの負担なら、

何日かすると徐々に以前の

状態に戻りますので、

多少ならばダメージを受けても

問題ありません。

 

繰り返し紫外線を浴びていると、

徐々に肌へのダメージのほうが

蓄積していくことになります

ので、回復しきれないほど肌が

傷んでしまいます。

 

紫外線を浴びすぎないように

日頃から気をつけることが、

皮膚がん予防にもなります。

 

肌の美容や健康のためにも、

常日頃から紫外線の対策を

怠らないようにして

おきましょう。

 

肌だけでは無い紫外線を防止した方が良い理由

紫外線対策は、

肌の日焼け防止が一番に

考えられますが、

目についても対策が

必要です。

 

皮膚を紫外線から守るために

対策をする人は多いですが、

目を紫外線から守っていない人

もいます。

 

紫外線がもたらす目の病気とは

紫外線を長時間浴びると、

白内障という目の疾患にかかる

場合がありますので、

紫外線の予防はとても大事な

ことです。

 

白内障は、

眼球に存在する水晶体

という部分に濁りが出るもので、

視力が極端に低下します。

 

眼球の内部にある、

凸レンズ状の透明なものが

水晶体です。

 

光を受けとめ、網膜の中に

見たものを映し出す機能を

持っているものです。

 

白内障になると、

水晶体が濁って網膜に

映し出す絵の精度が落ちて

しまいますので、普段から

紫外線予防をしましょう。

 

紫外線防止対策は目と肌への両方のケアが必要

紫外線をどのように防止すべき

か考える時には、目へのケアと、

肌へのケアの両方を決めておく

ことが大事です。

 

眼球を日焼けさせないためには、

サングラスを用いたり、

紫外線カット用の帽子を

着用することです。

 

紫外線は美容にいい効果が

得られませんので、

外に出かける時には紫外線から

身を守るための工夫が重要に

なります。

 

紫外線による肌の老化は家庭でのケアでは改善が難しい

強い紫外線を浴びて日焼けを

するという行為を繰り返し

行うことで、肌の乾燥が

進んでいきます。

 

紫外線による肌の老化は

光老化と呼ばれていますが、

肌の老化が一旦進んでしまうと、

家庭でのケアでは改善が

とても難しいものです。

 

若いうちの紫外線予防を

怠っていると、毎年の日焼けが

積み重なり、年をとってから

ますます光老化に悩まされる

でしょう。

 

あなたにピッタリの日焼け対策

美白対策は外側からも内側からも

チェック1 【POLA ホワイトショット】 ベストコスメ10部門受賞!美白・シミ対応化粧品 シミのもとメラニンを狙い撃ち。 最先端の美白技術で、今すぐあなたも新美白体験! お客様の声 写真映りが…  ...

続きを見る

-美容, 美白

Copyright© あなたの生活に活力を , 2018 All Rights Reserved.