サプリメントブログ 美白

日焼け止めクリームと日焼け止めサプリを活用した日焼け対策

更新日:

日焼け対策として、

日焼け止めの使用は

非常に大事なことです。

 

お肌への紫外線の影響は、

天気の悪い日も、

冬のさなかでも、

屋内でも窓越しに、

照射されています。

 

日焼け対策は、外側からだけでなく内側からも対策を

雲の多い日でも、

寒い日でも、

 

日焼け止めを使って

対策をしておくことが、

紫外線予防では

必須になります。

 

美肌を意識するなら、

肌の若さを維持するために

日焼け対策は、

常に考えなければ

ならないことです。

 

外側からの日焼け対策

日焼け対策でまず

やっておきたいことは、

日焼け止めを

肌に塗ることです。

 

日焼け止めを塗っている間は

防いでくれるのですが、

時間が経って

日焼け止めが取れてしまうと

肌を守ることはできません。

 

効果の高い日焼け止めは

長持ちしますが、その分だけ

肌への負担が増えるので、

使い方に気を付ける

必要があります。

 

日差しの強い日に

外で活動する日と、

日頃、家の中で活動する日は、

別々の日焼け止めクリームに

するという人もいます。

 

海水浴に行く時などは、

水に濡れても落ちないタイプの

日焼け止めクリームを

用意したほうがいいでしょう。

 

日焼け対策をしていないと老化が進む

日常的に日焼け対策を

していないと、

年をとった時に肌の老化が

進んでしまい、

 

しみやくすみの目立つ、

年をとった肌に

なってしまいかねません。

 

きれいな肌でいたい人は、

日焼けから肌をガードすることを

重視しましょう。

 

日焼け止めクリームだけでは100パーセントの日焼け対策はできない

以前は、

ファンデーションの前に肌に塗る

日焼けクリームが販売されており、

多くの人が利用していました。

 

しかし、

日焼け止めクリームだけでは

100パーセントの日焼け対策は

できないことが

分かってきたのです。

 

紫外線が、

皮膚に到達しないように

ガードするには、

日焼け止めクリームを

途中で何度かつけ直すことが

必須です。

 

しかし、

ファンデーションの下に

日焼けどめクリームを

つけていると、塗り直す都度、

メイクを着け直す必要が

あることになります。

 

でも肌が弱い人はどうしたらいい?

肌トラブルを防ぐためには、

日焼け止めをつける時間を

減らしたい人もいます。

 

日焼け止めをつけたいけれど、

肌が刺激に弱いという人

などです。

 

そんな、肌の弱い人は

どんな日焼け対策を

するといいでしょうか?

 

肌の弱い人のために、

飲むことで日焼け止め効果を

得られるものがあります。

 

日焼け止めの刺激に

肌が負けやすいという人は、

肌につけないでいい、

飲む日焼け止めが有効です。

 

肌に塗る日焼け止めは、

体の外側のケアですが、

食事によって、

体の内側から日焼け対策を

する方法もあります。

 

体の内側からの日焼け対策

飲むタイプの日焼け止めは、

洗顔ケアをする時に、

洗い落とそうとしなくても

いいので、

 

クレンジングで、

肌に負荷をかけなくても

よくなります。

 

日焼け止めをつけると、

肌が白っぽくなるという

ネックがありますが、

飲むタイプなら

肌を白くしなくて済みます。

 

目に到達する紫外線の影響を

防ぐには、

飲むタイプが有効です。

 

飲む日焼け止めで活性酸素の発生を抑える

紫外線の影響で日焼けが進むのは、

紫外線の刺激で活性酸素が増え、

メラニン色素の生成を

促すためです。

 

飲む日焼け止めには、

活性酸素の発生を

抑える成分が配合されていて、

メラニンの生成を抑えてくれる

ことが期待できます。

 

メラニンの生成を抑えるビタミンとは

ビタミンCには、

メラニンの生成を抑制して

シミを防ぐ働きがあります。

 

日焼けのメカニズムは、

紫外線から肌を守るために

メラニンが生成されることなので、

ビタミンCを摂取することで

日焼けの予防効果が期待できます。

 

ビタミンCは、

食品から摂取できますが、

水溶性であるため体内に

貯蔵することができず、

 

使われなかった分は

尿と一緒に

排泄されてしまいます。

 

日々、一定量のビタミンCを

体内に取り入れることが

日焼け対策になります。

 

日焼け対策のために

ビタミンCを取り入れたいなら、

食事からだけでなく、

 

ビタミンCのサプリメントを

活用するという

選択肢もあるでしょう。

 

メラニン色素が増えないような植物成分

紫外線の影響で肌につくられる

メラニン色素が増えないように、

 

サプリメントでシダ類の植物から

得られる成分を摂取し、

肌が日焼けの影響を受けないように

働きかけることができます。

 

サプリメントと日焼け止めクリームのダブルで対策

屋外で活動する予定がある日は、

出発のおよそ1時間前に

サプリメントを飲み、

 

体調を整えておいて、

メイクをする時に下地クリームに

日焼けどめをつけておきます。

 

このように、

日焼け止めサプリが登場したことで、

女性の日焼け対策は

以前よりも随分シンプルかつ

効果的になりました。

 

日焼け止めクリームを

つけて肌をしっかりケアし、

サプリメントで日焼け対策成分を

摂取することが大事です。

 

あなたにピッタリの日焼け対策

美白対策は外側からも内側からも

チェック1 【POLA ホワイトショット】 ベストコスメ10部門受賞!美白・シミ対応化粧品 シミのもとメラニンを狙い撃ち。 最先端の美白技術で、今すぐあなたも新美白体験! お客様の声 写真映りが…  ...

続きを見る

-サプリメントブログ, 美白

Copyright© あなたの生活に活力を , 2018 All Rights Reserved.